専門家

明吉 秀樹2014年11月15日


氏名(フリガナ)
アキヨシ ヒデキ

住所
静岡県三島市徳倉740-29

E-mail
h-akiyoshi@kif.biglobe.ne.jp

略歴
1972年3月 国立富山大学工学部工業化学科卒業
1972年4月 (株)リコー入社 感光体の研究・開発・量産化
1998年4月 技術人材育成・教育/品質工学の推進・支援コンサルタント
2003年4月 重合トナーの開発・量産化の品質工学支援
学会活動:品質工学会の編集委員及び審査部会委員(貢献賞銀賞受賞)
2010年1月 定年退職
2010年9月 テルモヒューマンクリエイト(株)富士宮入社、K社における品質管理(GMP)
品質教育指導
2011年11月 テルモ甲府工場にて医療機器開発の品質工学アドバイザー

実務経験・資格など

【実務経験】
*研究開発・量産化(16年)
*技術人材育成・教育/品質工学推進・支援(5年)
*品質工学コンサルタント(10年)
【資格】
*甲種危険物取扱者
*大気1種公害防止管理者
*水質1種公害防止管理者
*第2種放射線取扱者
*有機溶剤取扱者
*特定化学物質取扱者

登録分野
技術分野

アドバイスの視点・方針など
品質工学の考え方をベースに技術開発の支援をします。
機能性の評価・改善が出来るようにアドバイスし、コーチングにより自分でパラメータ設計が出来るようにします。
品質工学は技術の根本に遡り、いわば技術の基礎体力を評価・改善することによって先行性・汎用性・再現性が可能になり、高品質と高生産性を同時に実現する。

その他

品質工学はタグチメソッドとも呼ばれ、高品質と高生産性を同時に実現するための具体的な技術的方法論です。機能性の評価とその改善方法で、製品やシステム本来の働き(機能)を評価しようとするもので、顧客の使用条件や環境条件の違いにより、その働きがどれだけ影響されにくいか、あるいはばらつきにくいかの程度(機能性)をSN比という測度で表現する。
損失関数、直交表によるパラメータ設計を行い最適条件を求めます。

M-Station

M-Station

若者活躍支援資金

若者活躍支援資金

健康経営

健康経営

三嶋大祭り

三嶋大祭り

経営発達支援計画事業評価結果について

経営発達支援計画事業評価結果について
ページトップ